読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anezakimanの部長日記

メーカー部長、中小企業診断士、通訳案内士(英語)、放送大学大学院修士全科生の日々奮闘記

新たな決意

人事の季節であります。4月1日付けの部長級の人事が昨日公表されました。私は、現行と変わらずの職務でしたが、おかげさまで社内上の資格が一つランクアップすることになりました。

 

少し前ですが、高校時代の友人から、なぜ組織のなかで人は昇進昇格したいのだろうかと問われ、以下コメントしたことを思い出しました。

 

1. より幅の広い仕事、責任のある仕事に携わって自分の力を試したい。

2. より多くの関係者と一緒に仕事をして彼らを幸せにしたい。

3. お金や権力が欲しい。

4. 同期や同僚に負けたくない、あるいは頭を下げたくない。

5. そこにポストがあるなら、そこに向かって努力し続けたい。

 

1や2が無難ですが、実は3や4が本音だったりします。でもこれらをすべて内包する私の本音としての答えは以下です。

 

6. 人間も動物であり、生存競争に負けられないという本能がある。よりよく生きる、家族を守る、子孫を繁栄させたいという意欲が備わっており、程度の差こそあれ競争には負けたくないと思う。仕事は人生の大きな部分を占める。我々は生死をかけた競争は現実的にはなくなってきているが、いっぽうで自分の仕事に係わる競争は、顧客やサービスする対象を巡って、組織間、組織内、そしてそれを取り巻く環境として産業間や国家間で極めて激しさを増している。組織内の競争くらいで負けるわけにはいかないでしょう。

 

さらに言えば、より責任ある立場になる以上、それをきちんと受け止め、無作為にならないよう(お神輿に担がれるだけのボスにならないよう)、しっかりと自分で主体的に新たなことをしなければならないですね。

頑張りたいと思います。