読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

anezakimanの部長日記

メーカー部長、中小企業診断士、通訳案内士(英語)、放送大学大学院修士全科生の日々奮闘記

風邪気味です

先日の大学院のゼミで薄着で過ごし、やや寒さをおぼえたせいか、先週以来ちょっと風邪気味です。微熱と咳が続いたので、一度会社の診療所でインフルエンザ検査をしてもらいましたが、陰性でしたので、ただの風邪となっています。

先週は関東もすっぽりと冷凍庫の中に入ったような寒い日が続き、それでも早朝の冷気のなかでの犬の散歩、夜はほとんど毎晩の新年会と、ぐったりの毎日を過ごしてきました。先の土日は日中は散歩以外は家でゴロゴロ、夜はしっかり9時間睡眠、朝昼晩はあったかいモノ中心の食事を取り、ようやく体調がすこし戻ってきました。

そんな体調と、ちょっと中だるみ気分もあり、仕事がなかなかはかどりません。来週の今年初の東部戦線方面への出張の準備もあるのですが、頭がボーッとしている感じです。まあ、体調と相談しながらボチボチやっていくしかないですね。

2017年、始動しています

新しい年が始まり、気分を新たにして走り始めました。最初の2週間ほどの活動を振り返ってみます。

1月4日、仕事始めでしたが、特にやることもないので、六本木ヒルズの地上49階にある図書スペースに行ってみました。会員制ですが、2,000円出せば1日単位で使うことができます。そこで修論関係の本を半日読んでいました。高層図書館から見える風景は絶景で、とても居心地の良い読書スペース、リラックススペースでありました。

f:id:anezakimanGM:20170104163030j:plain

その週は部員、および重要お取り引き先との大人数での新年会があり、昨年の厳しくも有意義だった年を振り返りつつ、新年に向けて気勢を上げました。

少し風邪気味だったこともあり、3連休はなにもせずにダラダラと過ごして鋭気を養い、10日の週は重要案件の幹部説明で社内を奔走しました。おかげさまでこの案件は本日承認されました。新年一発目の案件で、まずは好スタートが切れました。

13日、14日の金土は、毎年この時期恒例の部内旅行に出掛けました。部員24名でバスを貸し切って千葉外房の一宮に向かい、バスのなかからホテルの夕食、部屋での2次会まで、ほぼ飲み続けの我が部最大イベントは、今年も楽しく充実して満了しました。幹事団の皆さん、ありがとうございました。

帰路、千葉の某ビール会社の工場に寄って、この素敵なビールのできたてを満喫しました。

f:id:anezakimanGM:20170114112816j:plain

日曜日は、大学院のゼミが神奈川学習センターで開催され、ひさしぶりに修論の報告を行いました。指導先生とのアプローチの違いなど、まだまだ一筋縄ではいかない状況ですが、とにかく前に進めて書いていこうと思っています。

その後、ゼミのOB、OGの方も加わり総勢30人程度の老若男女が伊勢佐木町に結集し、中東関係のゼミらしくアラブ料理屋で新年会を挙行しました。そこでレバノン人のオーナーシェフがふるまう羊の丸焼きを皆で楽しみつつ、仕事と学業の両立に今年も頑張ろうと誓い合いました。

f:id:anezakimanGM:20170115190420j:plain

2017年、自然体で、自分らしく、前を向いて進んでいきます。

正月三が日、まったりと過ごしました

天気に恵まれた正月三が日でしたが、出掛けたのはほぼ犬との朝夕の散歩のみという状態で、年末の温泉気分も引きずって家でゆったりまったりと過ごしました。

仕事も修士論文も読書も一切脳裏に浮かばず、活字は新聞と溜まった雑誌に目を通しただけ。脳がどうも働こうとせず、したがって本年の目標とか誓いとかもいったんお預けです。

現時点で唯一思っているのは自然体でいること。仕事に関しては、4月以降どうなるか分からないので、昨年から続いている3つの課題を、なんとか3月までにはっきりさせるという意思は強固にあります。それ以外は自然体、Let it be、レッセフェール。

元旦の地元富士山ですが、初めての夕方バージョンです。うっすらとした夕焼けにぼんやりと映し出されるシルエットは、これはこれでなかなかだと思いました。

f:id:anezakimanGM:20170101165108j:plain

2017年が始まりました。変化の激しい年になりそうですが、マイペースで自分を見失わずに、突き進みたいと思っています。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末、黒川温泉に行ってきました

激動の2016年が終わり、昨日から2017年に入っています。新しい年のことを語る前に、昨年末を振り返ってみます。

28日は仕事納め。慌ただしく年内仕事を満了させ、午後3時から納会が始まりました。部の皆さん、お世話になった社内外の関係の皆さんとビールや日本酒を飲み交わし、2016年を振り返りながら談笑しました。その後、2次会、3次会と杯を重ね、夜遅く機嫌良く家に帰り着きました。

翌朝から年末2泊3日の家族旅行に出掛けました。目的地は熊本県黒川温泉、日本屈指の温泉郷です。熊本地震復興支援の気持ちのほかに、以前読んだ下記本でイノベーション事例として紹介されていた同地に関心を持っていました。

イノベーションの本質

イノベーションの本質

 

黒川温泉の事例は、舞台が地方の小さな温泉地と、一見、企業社会とは縁遠い世界のように見えるが、人と組織のマネジメントの観点から見ると、個のコミットメントを高めながらもそれが突出せず、組織全体として力を発揮していったモデルとして非常に学ぶところが多い。

登場人物としては、周りの人から疎んじられながらも、信念を持って露天風呂と雑木林という懐かしい山里景観とひなびた温泉情緒に拘った先達、その薫陶を受けて「露天風呂湯めぐり入湯手形」のアイディアや、「黒川温泉一旅館」というコンセプトを打ち出して、それを具現化していった改革者たち。個々の旅館の力や個性を活かしながら、全体として黒川温泉というブランド、地域の魅力を向上させていったことが、熊本や別府から1日2-3本のバスで2時間以上と便利とは言いがたい地域を、日本有数の温泉地に大変貌させたとのことです。

実際にそこで2日ほど過ごしてみて、阿蘇山系の山間の豊かな自然、峡谷に取り付いているように密集している旅館とそれぞれ個性的な露天風呂、素朴で美味しい料理など、年末の疲れきった身体と心を癒すのには、ぴったりの場所でありました。

2日目は入湯手形を使って、先達が手掘りで3年かけて作った露天風呂のある新明館、1722年開湯の黒川温泉一古い御客屋などを廻って、まさに温泉三昧でした。

f:id:anezakimanGM:20161230102409j:plain

 帰途、阿蘇山近くの草千里ヶ浜に寄り、噴煙を上げる中岳の勇壮な姿を間近で見ることができました。

f:id:anezakimanGM:20161231123958j:plain4月の熊本地震の爪痕はまだあちこちにあり、黒川温泉では2軒が休業中、道路もあちこちでまだ修復中でした。「がんばって熊本」です。

31日の夜、無事自宅に帰ってきました。いろいろあった2016年を、楽しく充実して締めくくれたと思います。

くたびれた日々でした

年末押し迫ったこの時期の3連休というのは、まことに命の泉になりますね。今週は30名弱の部員全員と個別面接し、重点案件3件を前に進め、夜はほぼ毎晩忘年会、特に火曜日は華僑系のお客様と一気合戦をやってしまって翌日は極度の二日酔い、とまあ年末のいつもの風景ながら、かなりくたびれた日々でした。

本日は冬晴れのあっぱれな天気のなか、朝1時間、夕方2時間、愛犬とたっぷり山道散歩をして鋭気を養いました。地元冨士もその雄姿をくっきりと見せていました。

f:id:anezakimanGM:20161231085329j:image

いよいよ来週で2016年は終了となります。今年全体を通しても、本当にくたびれた1年でありました。ぐったり感満載の1年でございました。

忘年会で今年の10大ニュースや振り返りをしていますが、暗いネタが多いです。明るいネタといえば、うちの部で女性社員本人なり、男性社員の奥様なりが懐妊し、今のところ1名男子誕生、年始にさらに2人のニューベイビーが誕生することくらいですかね。

来年はビジネスでは再浮上する年になりそうな予感がしています。OPECならびに有力非OPEC諸国が協調減産に合意し、それを受けて原油価格は50ドル台で安定し始めました。米国ではトランプ大統領就任でインフラ投資が進みそうです。そして供給過剰構造の中国の市況が上向き始めました。年始には勢いよくスタートダッシュしたいものです。そのためにも残り2日の休日は、仕事を完全に忘れ、犬との山歩き、年賀状書き、大学院修士論文骨格作りに勤しみたいと思います。

師走前半活動記、私も動き廻りました

2016年もはや12月、いわゆる師走となりました。師も走ったかもしれませんが、私も動き廻りました。

仕事では今年最後の海外出張で、3国を訪問してきました。最後に訪れたのは南西前線で、お客様主催のイベントに参加し、そこで民族的なダンスや食を楽しみました。

f:id:anezakimanGM:20161212135247j:plain

f:id:anezakimanGM:20161212140253j:plain

帰国してからは毎晩忘年会で、この金曜日に行われた最大のお取り引き様との忘年会では、クイズや踊りのパーフォマンスが感動的でした。よく学びよく遊ぶという精神が発揮されている素晴らしい忘年会でした。

本日は久しぶりに放送大学大学院のゼミに参加しました。私は発表できませんでしたが、今年度修士論文を提出される4名の先輩と、同期3名の素晴らしい発表を聴講し、とても刺激を受けました。私自身の学究活動は、少しずつ霧が晴れてきた感じで、年末年始、これ一本に集中する気概で頑張りたいと思いました。

うちの犬が生誕1年を迎えました。日の短い今でも、懐中電灯を付けながら朝の散歩を極力やっています。テッシュペーパーを食い散らかすイタズラ好きの1歳の息子は、もはや我が家に欠かせない家族となりました。

f:id:anezakimanGM:20161217081912j:plain

長崎で通訳案内士をしました

そんなに滅多にあることではありませんが、今週国内出張がありました。長年お付き合いのある英国スコットランドお客様が、同郷で幕末・明治維新期に活躍したトーマス・グラバーの足跡を訪れたいということで、通訳案内士の私が出張ることにしたのです。長崎出張なんて、ちょっとウキウキでしたね。

午前の早い便で長崎空港に着き、タクシーをチャーターしてまずは平和公園原爆資料館を訪れました。原爆関係は初めてという彼は、やはり相当なショックを受けていたようでした。資料館近くでのお昼はもちろんチャンポンです。もちもち麵と海鮮スープの相性もばっちりで、とても美味でした。

f:id:anezakimanGM:20161129123557j:plain

その後大浦天主堂を経て、お目当てのグラバー園に入りました。この日は冬の快晴で、きりりとしてすがすがしい空気のなかで気分よく園内を散策できました。スコットランド人のお客様は、旧グラバー邸を興味深そうに探索されていました。

f:id:anezakimanGM:20161129141804j:plain

その後はグラバーの盟友であり、私も敬愛する坂本龍馬関係の場所に寄らせていただきました。『龍馬がゆく』の大ファンで、NHK大河ドラマ龍馬伝』も食い入るように観ていた私にとって、龍馬の長崎での痕跡は感激ものでした。

f:id:anezakimanGM:20161129144630j:plain

f:id:anezakimanGM:20161129150137j:plain

最後は稲佐山公園長崎市街を一望に観て、本日の宿泊地、佐賀県嬉野温泉に向かいました。この日本通の外人は大の温泉好きで、長崎から1時間ほどの「九州の熱海」と言われる由緒ある(開湯が713年とか)温泉地に宿泊することにしました。滑らかな温泉にたっぷりと浸かり、美味しい地元の食材、地酒を堪能したあとは、地元カラオケスナックにお連れし、そこで地元客とも意気投合し、2時まで騒いでおりました。

いやー、お客様対応とは言え、こんなに楽しかった出張はなかったですね。